金利確認に必要な知識

金利確認に必要な知識

キャッシングを扱う企業のサービスを比べる際、金利は大事な基準となるでしょう。サービス内容を確認する上で大切となる金利ですが、前提となる知識を持ち合わせていなければ、結果を正しく判断できません。金利の基礎知識が身についていない人は、こちらで確認してください。

 

賃金業者が設定できる金利は、賃金業法に記されています。よって、賃金業法の規定に従って各業者は金利を定めます。法律では、融資金額に応じて上限金利を定めており、そこにはいくつかの段階が設けられています。融資額100万円を超えるケースでは年利15%が上限で、10万円以上100万円未満であれば年利18%、さらに10万円未満であれば年利20%と決められています。

 

もちろんこの内容を超えた利率は違法です。各上限金利を超えた利率は、闇金融の証でもあるため、ご利用を回避してください。

 

また、金利は限度額の内容に左右されることがあります。限度額の設定と金利の設定に関係性が見られるのは、主に銀行系の金融商品でしょう。こういったケースでは、低限度額に高金利を、高限度額に低金利

 

を当てることで、相手方業者は利益を得ています。各企業のキャッシングサービスを比較する時は、上記の内容を想い出しながら確認しましょう。
金利で選ぶ銀行おまとめカードローン